いじめに親は気がつきにくい

いじめがどんどんヒドくなってエスカレートしてくると、
親もどこかで介入しないといけなくなるでしょう。しかし
このタイミングに悩む人は多いと思います。

「しょせん子供のケンカじゃないのか?」
「子供のケンカに親が介入するのはどうなんだ?」
「ウチの子にも原因があるのでは・・・?」

このように色々と頭を悩ませます。また基本的にいじめらている
子供は「優しい良い子」ばかりです。無抵抗な子が多いです

出来る限り親にも心配をかけないようにしたり、バレないように
隠している子もいます。なによりもいじめられているかっこ悪い
自分は親でも知られたくないモノなんですよ

これはいじめられていた経験が長い自分だから、現在いじめられて
いる子供たちの気持ちもよくわかります

親にバレるのがイヤで、親の前では笑っていましたが、
その後、部屋でひとりで布団の中で泣き続けていたことも
数え切れません

お風呂に入るのに、ハダカになっている姿も、親には絶対に
見せないようにしていました。カラダについた青いアザなどから
バレるのがイヤだったからです

あと親が介入して助けてくれるというのも、かっこ悪くてイヤ
だったんですよ。親に車で送り迎えしてもらっていた幼馴染とか
メチャクチャ嫌われていましたからね

ちなみに彼はそのことでよくいじめられていました・・・

助けて欲しい!けどバレたくない!というのが頭の中を
延々とループしていました。そういった子供の気持ちが
わかったうえで、しっかりと対策を考えて下さいね

ちなみに無責任と感じるかもしれませんが、どのタイミングで
親が介入するべきなのかは、正直わかりません。なぜならば自分が
いじめられた経験はあるけれど、自分の子供がいじめられた経験は
無いからです

よって、周りの親と担任の先生とシッカリと相談したうえで
決めてもらえたら良いと思います


関連エントリー

Copyright © 2008 帰国子女の小学生をいじめから守る. All rights reserved