先生が悪いのか?

テレビを見ていると、先生が気がつかなかったことが悪いと言う
ことで、責められている光景をよく見ます。

先生自体がイジメの発端となっていたというのは問題外であり、
過去に類を見ないほど最低だとは思いますが、気がつかなかった
という部分は正直仕方が無い部分もありますね

たとえばクラスの担任だったとしても、その担任の先生と
一日一緒に居る時間なんて、ごくわずかです。朝のHR、担任の
授業、帰りのHR・・・こんなトコでしょうか?

しかもわざわざ先生の前でいじめる子供はどこにもいません
警察が見ている前で悪いことをしないのと同じです。どんなに
頭が悪くてもそれがマズイことぐらいわかっています

小学校ならば、お昼の給食も一緒に食べるので気がつくことも
あるでしょうが、中学、高校となってくると正直キビしいです。
またイジメにあっていることを本人はまず報告しません

イヤ、正確に言うと「できません」

そのことによって、更なる報復を受けることが充分カラダで
思い知らされているからです。だから出来ません。

周りの生徒は報告してくれないのか?

「なんで周りの生徒たちは誰も報告してくれないのか?」

ワタシがいじめられていたことを初めて知ったときの先生の
発言です。いまでもよく覚えています。転校後、三ヶ月以上も
過ぎてからの発言でした

自分の腕についた無数のアザを見て気がついたのです

基本的に生徒たちの中で「チクるヤツはサイテー」だという
暗黙の了解があります。先生に報告すること自体をヒキョウな
行動だととらわれるんですね

これが周りの生徒たちの足かせとなり、実際にチクることが
出来ないんですよ。見てみぬふりをする人間よりも、チクるヤツ
のほうがヒキョウというイメージがついています

なによりも自分が攻撃対象となることが怖いからですね
とくにクラスのリーダー格の人間が「アイツはハブな」とでも
言おうモノなら最悪です

※ハブとは・・・
「省く」から来ている子供の中の差別的な言葉のことですね

そのハブにされた子に話しかけた人間もハブにされます。
この光景は男子生徒よりも、女子生徒のほうでよく見ました

以上のことから、実は担任というのは、いじめられている生徒に
とって、近いようで非常に遠い存在なんですよ。

自分からいじめられていることに気がつく確率は、かなり低い
モノだと思っておいてくださいね

ただし、親が何度も学校や先生に「ウチの子がいじめられ
ている」と報告しているのに無視しているのは論外ですけどね
これから先はそういったことも無くなってくるでしょう


関連エントリー

Copyright © 2008 帰国子女の小学生をいじめから守る. All rights reserved