同窓会に参加して確信!

ブラジルから帰ってきて13年ぐらい経ったある日、一通のハガキが
僕宛に届きました。それはブラジルの日本人学校のときの人たちで
集まって同窓会をやるという誘いでした

ブラジルで通っていた日本人小学校は人数の関係から、学年問わず
同じ教室で教えてもらっていました。そのときの一番上で小学6年生
一番下で小学一年生です

そして僕と同じ学年の子供は一番多かったので、たくさんの友人と
会えると思って、ものすごく楽しみでしたね

ブラジルから帰ってきてからは一度も会っていなかった人たちばかり
なので、ワクワクで同窓会に参加しました

すると懐かしい顔ぶれが沢山いました。というかお互いに変わりすぎて
わかりませんでしたが・・・(苦笑)

色々な話で盛り上がりましたが、僕と同じ年代の人間でひとつだけ共通した
話題がありました。

それは全員がブラジルから帰ってきたときに周りからいじめられて、
かなり悩んだということです。ウソじゃなく本当に全員です

僕よりも下の学年の子たちも、やはりいじめられたそうです。
いじめられなかったのは、ブラジルから日本に帰ったのが中学以上
だった子だけ・・・

小学生の時点で帰国した人間は全員いじめられていました。
理由を聞いていると、みんな同じです。

あまりにもいじめがヒドくて、違う学校に転校したという子もいました
僕と同じように中学校を違う場所に行った子もいれば、格闘技を習って、
強くなったという子もいました

それでも、やはり無視されたりするのはツラかったそうです
みんなブラジルからの帰国子女というだけで宇宙人扱いだったそうです
何も悪いことをしたわけではありません。

ただブラジルからの転校生だったからというだけです。別にブラジルが
悪いわけではありません。他の帰国子女の子もみんなそうでしたしね
ただ、この同窓会で確信しました

「帰国子女は普通の子供よりも圧倒的にいじめられる確率が高い!」


関連エントリー

Copyright © 2008 帰国子女の小学生をいじめから守る. All rights reserved