帰国子女をいじめから防ぐ

帰国子女が全員いじめられているのか?というと別にそうでも
ありません。いじめられないどころかヒーローになる子もいます
逆にワタシのようにいじめられ続ける子も・・・

帰国子女でもいじめられにくくなる予防対策をとっておきましょう!

【※注意!】残念ながら、これをすれば100%いじめられない方法はありません。
ヘタなことをすると逆にイジメのキッカケになりかねません。あくまでも自分の判断と
責任でよろしくお願いします

からかわれるのを覚悟しておく!

どこの国からであろうが、海外からの帰国子女というのは日本から旅行でしか
出たことが無い小学生にとって、極端ですが宇宙人と同じなんですよ。
間違いなく100%誰かが、からかってきます!!

「おい、オマエ●●語を喋ってみろよ」
「オマエの住んでた国って何があるの?」
「どんなモノを食っていたんや?」

子供は好奇心旺盛なのに、聞かれたくないことがわからないので、
なんでもかんでもズケズケと聞いてきます。聞かれたらムカつくことでも
平気で聞いてきます。

そこで絶対に守らなければいけないことは・・・

「どんなにムカつくことを言われてもムキにならないこと!」

子供には、どこからが言葉の暴力なのか判断できません。大人でも難しい
ですからね。まずムリです

ここで何かとムキになって反応すると、それを面白がってからかってきます
逆に受け流されたら面白くないので、それ以上反応しません

とにかくしつこいですが、100%からかわれるのは間違いない!ということです

テレビ、マンガなどに早くなじむ

子供の友達同士の会話ってのは、大半がゲーム、テレビ、マンガだと思ってくれて
過言ではありません。思春期に入ってくると性の話なども出てきますが・・・

しかし海外に居たことで、マンガの話などに全くついていけない場合があります
ワタシの場合、マンガは日本から届いていたから良かったのですが、テレビアニメは
全くついていけませんでしたね

マンガはともかくテレビアニメの話になると全くついていけなくて、のけ者にされて
いました。

共通の話題が話せない限り、いつまで経ってもなじめないままになります。
興味が無くても、ちょっとは見ておきましょう

海外の話は聞かれたときだけでOK

海外での話を自分から言うと、周りからは自慢話に聞こえるようですね。
かなりイヤがられます。これは体験談から間違いありません

自分なりに仲間に混ざりたくて、必死にブラジルの話をしていたのに、どんどん
嫌われていくのが歯がゆくて仕方が無かったことがあります

色々な話をしましたよ。アナコンダの話、ツノゼミという変わったセミの話、
日本人小学校の話などなど・・・

けど、話せば話すほど相手はイヤな顔をします。逆に向こうが聞かれたことに
対して同じことを話していくと喜びます

もう一度言いますね。「自分が聞かれたときだけ話しましょう!」

●●語を喋れと言われたとき・・・

これも絶対に言われます。絶対にです!珍しい国からの帰国子女のほうが
みんな興味津々で聞いてきます

ここでペラペラに喋れても、ひけらかさないようにだけ注意です!
逆に聞かれたことに全く喋らないのもダメです。喋れないのであればOKですが、
喋れるのに喋らないと相手をイラつかせます

これも聞かれた内容だけ、受けて喋るカタチが良いでしょう!

自転車に乗れない場合は練習する

自分だけだと思っていたのに、結構よくあったパターンですが、行く国に
よっては自転車に乗らない場合があります

僕の場合は、マンションの駐車場から外が危険だったので、絶対に出かけては
いけないといわれていたんですよ。だから自転車に乗る機会が全くありませんでした
だから日本に帰ってきた小学校3年生まで自転車に乗れませんでした

帰ってきてからは、それはもうおもいっきりバカにされたので少しでも早く
乗れるように練習しましたね〜。もう必死でした^^


関連エントリー

Copyright © 2008 帰国子女の小学生をいじめから守る. All rights reserved