いじめられやすい子供

ワタシは外国から帰ってきてから一年半ぐらいは、さんざん
いじめられました。しかしその後ケンカはよくしていましたが、
いじめられることはピタリとやみました

しかし過去に自分がいじめられていたという経験から、
周りでいじめられている人間などがいると、自然と目がいきました
助け舟を出すときもありましたが、最終的には諦めました

なぜならば、その場でイジメを防ぐことが出来ても、いじめられる
人というのは、その後もまた違うグループからいじめられたり
するからです

声が小さくてオドオドしている

声が小さくてオドオドと喋っていると、それだけで相手に自信の
無さが伝わってしまいます。それだけで相手はアナタのことを下に見て、
からかうようになります

コンプレックスを責められるたびに凹む、ムキになって怒る

基本的に子供はイタズラが大好きです。相手がムキになって
怒るほど、楽しくなりからかってしまいます。自分の持っている
コンプレックスは隠そうとせずに自分から言えばいいんです

成績が良いことを自慢する

成績が良いだけならば特に問題はありません。親御さんも喜ぶし
いいことだらけです。ただ、それを自分からひけらかせたりすると、
イジメの標的になります

自慢したい気持ちはよくわかりますが、聞かれたときに、そっと
教える程度にしておきましょう。決して自分からひけらかしては
いけません

勉強ができない子供から見たアナタは、にくたらしい子供以外
何者でもないからです

ウソをつく

子供であろうとオトナであろうと変わりませんが、自分のことを
下に見られてウレシイ人なんてどこにもいません。少しでも立派に
見てもらいたいという気持ちがどこかにあります

そんなとき、ついうっかりとウソを言ってしまう場合があります
そしてそのウソを塗り固めるため、更に大きなウソをつきます
全てがバレたとき、アナタのことを信用する人はいなくなり、
無視される対象となる場合があるので注意が必要です


関連エントリー

Copyright © 2008 帰国子女の小学生をいじめから守る. All rights reserved