悪口、言葉の暴力

「アホ」「バカ」といった単純なモノから相手の欠点を責める
ネチっこいモノまで沢山あります。とくに女の子が「ブス」とか
言われると、かなり傷つきます。

特に自分のコンプレックスを責められるとかなり凹みます
誰でもコンプレックスは持っていますからね。そばかすが多い、
ガラガラ声、太っている、毛深いなど・・・

言葉の暴力への対策

悪口に対してムキになって反抗していると、よけいに相手は
そこの部分を責めたくなるので、言われても「そうだね」って
笑って返したら、いずれ言わなくなります

この笑って返すというのは、言葉の暴力にとって、もっとも有効な
最大の反撃でもあります。どんなに長くても一週間もガマンすれば
相手のほうがバカらしくなって言わなくなるでしょう

たとえば相手を笑わそうとしてギャグを言ったのに、「ふ〜ん」で
終わらされたら凹みますよね?それと同じです

ただ、これが自分の「あだな」とかにされるとかなりキツイです
バカって言われるのが非常に苦痛だったのに、「バカ」って言われても
笑ってごまかしていたら、いつの間にかあだなもそうなっていた・・・

大体こうなるパターンとして「笑ってごまかして」いることが
「あ、OKなんだな?」と勘違いして広まったりします。

よって、自分がイヤなことを言われた場合は、怒らずに笑わずに
冷めた態度でハッキリ、イヤだと返しておきましょう


関連エントリー

Copyright © 2008 帰国子女の小学生をいじめから守る. All rights reserved