肉体的な暴力からくるいじめ

無抵抗な人間に対して、殴る蹴るといった見た目にもわかりやすい
いじめのことですね。これに関しては親御さんも注意していたら
気がつきやすいので、気がついたらすぐ先生に相談しましょう

要注意なのは、自分がいじめられていることを親に隠す子供も
たくさんいます。いじめられている自分がかっこ悪いので、
親にも言えないんですね

あと何よりも親に心配されたくないと思うんですよ
ワタシも、カラダを指でつままれまくって、青いアザが沢山
出ていたときは必死で隠していた記憶があります

またいじめるほうがズル賢い子だった場合、誰からも見えない
場所を攻撃したりするので要注意です

これで高校生のとき、内臓にかなりの損傷があったのにも関わらず、
ガマンしてナイショにしていたことにより死にかけた子がいます
ウソのようなホントの話です

不良同士がケンカしているマンガなのでは、相手のおなかを
蹴り飛ばしても、次の日はケロっとして出てきますが、ボクサーでも
無いのに、鍛えていないおなかを攻撃されたらカンタンに
内臓破裂を起こしますよ?

他にも殴る蹴る以外でも女の子のいじめで、髪の毛をバッサリと
切られたり、スカートを切られていた子がいましたね

あれは親にすぐ気がつかれて大問題になっていました

肉体的な暴力への対策

一番は自分もやり変えすことです。ケンカに負けてもいいから
とにかくやりかえすことです。ワタシもいじめられていた状況を
打破できたのは、明らかにやり返してからですね

相手の上にのっかり相手が鼻血を出しても殴り続けていました
毎回、毎回、ワンワン泣きながらも抵抗を続けていると、いずれ
いじめじゃなくて、ただのケンカとなってきます


関連エントリー

Copyright © 2008 帰国子女の小学生をいじめから守る. All rights reserved